Durability 耐久度

1月 21st, 2011 § 2 comments

以下の情報はおそらく現在では古いバージョンの仕様の説明になってしまっているので、詳しくは公式Wikiの該当ページを参照してください。以前とは違い、現在は公式Wikiに日本語に翻訳された情報がありますので、そちらを参照してもらうと詳しい情報でも劣化が少ないと思います

参考

アイテム耐久度 – Minecraft Wiki
http://ja.minecraftwiki.net/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0%E8%80%90%E4%B9%85%E5%BA%A6

以下多分古い情報

耐久度について

 アイテムの耐久度は作成した道具や武器、防具、その他使用可能なアイテムが持つ数値。武器や、道具にとって、耐久度はアイテムが壊れて消滅するまでの、使用可能な回数。防具にとっては、防具が壊れてしまうまでに吸収できるダメージの量を意味します。

 耐久度の残りは、インベントリやアクションバーのアイテムの下にバーとして表示されます。一度も使われたことがないアイテムは耐久度のバーが表示されません。アイテムの耐久度が減少するにつれ、耐久度のバーは右側から左側に短くなり、バーの色が緑から赤に変化する。残り使用回数が1回の時には、耐久度のバーがグレーのラインで表示される。

■武器と道具の耐久度
 武器や防具の耐久度の最大値は式から求めることが出来る。

ダメージ計算式

Example: A character has a damaged diamond chestplate (4 armor points, 192 base durability, 96 current durability) and a new leather helmet (1.5 armor points, 34 base and current durability), the character’s total armor points are equal to (4 + 1.5) × (96 + 34) / (192 + 34) = 5.5 × 130 / 226 ≈ 3.16 armor points. For display purposes, this is rounded down to 3.

古い計算式
Dmax = 2k+1, 最大値(Dmax)、素材で決まる定数 k
 注意: この式は今では正しくない。Beta1.2パッチで、石と木の耐久度は約2倍になった。

武器と道具


(Gold)

(Wood)

(Stone)

(Iron)
ダイヤモンド
(Diamond)
Durability 33 60 132 251 1562
k * 5 5 6 7 10

*kは上記の古い耐久度の計算式で使われるもの。現在の新しい計算式では使われないようです。

防具 (Armor)


(Gold)

(Wood)

(Stone)

(Iron)
ダイヤモンド
(Diamond)

(Helmet)
34 68

67 136 272
胸当て
(Chestplate)
48 96 96 192

384

(Leggings)
46 92 92 184 368

(Boots)
40 80 79 160 320

以下は古い Minepedia の翻訳で、現在もこれが正しいかどうかは分かりません。

■耐久度の減少するタイミング
全ての武器や道具にの耐久度が実際に現象するタイミング

  1. ブロックの破壊完了
  2. Mobに一撃当てた時

ブロックを破壊し始めても完全に壊すまでは耐久度は減少しない

■用途による耐久度減少の違い

 それぞれの道具の用途が適切な場合、1ポイント耐久度が減少する。適切ではない用途で使用すると2ポイント耐久度が減少する。下のリストは、ツールの適切な用途に関してのリスト。

  • シャベル(Shovel):沈殿物系統(砂利、砂Sand、土Dirtなど)
  • ツルハシ(Pickaxe):石系統(石Stone、鉱石Oreなど)
  • 斧(Axe):木系統(木Wood)
  • 剣(Sword):Mob系統(ガラス、葉にも効果的に作用するが、耐久度の減少は適切な用途とはみなされずに大きい)
  • 鍬(Hoe):耕す
  • 火打石(Flint and Steel):着火

■防具の耐久度
  防具は残りの耐久度に応じてダメージを吸収する。防具の素材はダメージの吸収効果に影響を与えない。しかし、低いグレードのの素材は耐久度が少なく、いい素材の防具に比べの早く防具が消滅する。防具はダメージを受けるたびに耐久度1ポイントを失う。ダメージの大きさによらず最小値のダメージでも耐久度は減少する。防具はパーツが消費した耐久度の割合に応じてダメージを吸収する。

example:

  革の胸当ての耐久度は最大49。残り耐久度が20の革の胸当てが0.5ハートのダメージ受けたとすると、革の胸当ては耐久度が1減り19。49分の19で39%の耐久度が残る。新品の胸当ての39%分ダメージを防ぐ。ダイヤモンドの胸当ての耐久度は385。25のダメージを受けたとすると93.5%の耐久度が残る(360/385)。そして元のダメージの93.5%を吸収する。

 *備考:ちょっとここはMinepediaの例示が無駄に複雑なので、数値などを変更して例示してます。ひょっとするとちょっと意味が違うかもしれません。

After 25 hits (of minimal damage), a leather chest-plate has 49% durability remaining (24 points of 49), thus 49% of a chestplate’s original damage protection. A diamond chestplate would have 93.5% of its durability left (360 points of 385), and hence 93.5% of its original damage absorption.

 このように耐久度が最大時のダメージ吸収はどの素材の防具でも同じだが、革など耐久度の最大値が低い防具を有効に機能させるためには非常に頻繁に防具の取り替えが必要になる。

 防具のもつ防御力は体力(HP)と似たようなポイントを持つ。耐久度最大の防具をすべての防具スロットに装備すれば、防御力は最大になる(防御力の上限は10ポイント)。防具はパーツ毎に耐久度が存在し、それぞれの部位で防御ポイントが個別に割り振られている。

 備考:非常に小さな落下ダメージでさえ防具の耐久度を減少させるという点がある。従ってきわめて危険な場合を除いて、小さな落下が頻繁に起きるような場所で一番良い防具を装備するのはあまりお勧めしない。

Item Durability – Minecraft Wiki
http://www.minecraftwiki.net/wiki/Durability

 この項目はちょっと読んでいると全体的に日本語のWikiの方が簡潔で分かり易い部分があるので色々な素材の防具を混ぜた場合の話は暫く放置することに。耐久度の計算式も現在のものとは異なるようなので、現在の仕様に合わせた記述になったら更新予定。新しい計算式が出ていたのでそれだけ一応変更しておきました。

Tagged , , , ,


  • Related Posts

  • § 2 Responses to Durability 耐久度"

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    URLが多数含まれる投稿は無視されます。

  • Minecraft ologies

  • Recent posts

  • RSS Minecraft Update News

  • Categories

  • What's this?

    You are currently reading Durability 耐久度 at minecraft.ologies.net.

    meta

  • Tag