PSVita版Minecraftは、そろそろ開発からソニーへ引き渡すらしい

家庭用ゲーム機での販売を気にしている人が多いようだったので、色々見て見た。まずはVitaから。

We have a bit more work to do on #MinecraftPSVita before we can hand it over to Sony. We’ll let you know when we hand it over.

私たちがソニーに渡す前に、MinecraftPSVita についての仕事がもう少し進めた。みんなに私たちがもう時期ソニーに渡す事になっているのをお知らせしておくよ。

https://twitter.com/4JStudios/status/504254781981216768

A small #MinecraftPS3 update is also in test. This adds the ability to upload PS3 saves for #MinecraftPS4 & #MinecraftPSVita.

https://twitter.com/4JStudios/status/504259144984326144

#MinecraftPS3 の小さなアップデートのテストをした。このアップデートはPS3のセーブデータをPS4やVitaにアップデートする機能を追加するもの。

Vita 版の詳細については、以前書いた記事から見て欲しい。

関連項目

Vita 版のMinecraftについて-
http://minecraft.ologies.net/2014/08/ps3-vita-%E7%89%88%E3%81%AEminecraft%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

Xbox One Edition が Microsoft の最終テストへ

We’ve handed Minecraft: Xbox One Edition over to Microsoft for final test! #MinecraftXbox1

私たちは Minecraft: Xbox One Edition を Microsoft へ引き渡した、最終テストの為に! #MinecraftXbox1

https://twitter.com/4JStudios/status/505401236087382017

Minecraft Xbox One については最近開発の 4JStudios がTotal Xbox.com でインタビューに答えているので、細かい事が気になる人は見てみるといいかもしれない。

Minecraft Xbox One – Mojang talks differences, updates and DLC plans
http://www.totalxbox.com/80680/features/minecraft-xbox-one-mojang-talks-differences-updates-and-dlc-plans/

Minecraft 1.8 Pre-release 3 – The Bountiful Update

Minecraft 1.8 プレリリース 3 がリリースされた。主に下のバグを修正したプレリリースのようだ。バグが残ってしまっているのでバグ修正のプレリリースとなっているが、これが上手く行けば Minecraft 1.8 が9月2日頃にリリースされる予定となっている。詳しくは「Minecraft 1.8 Pre-release」のページを参照してもらいたい。

Pre-release 1.8-pre3 is now available and fixes the following issues:

  • [Bug MC-61844] – Creepers target Iron Golems, causing terrain damage without interaction of a player
  • [Bug MC-62066] – String duplication glitch
  • [Bug MC-66511] – Creeper’s new Attack Golem AI takes priority over Avoid Ocelot/Cat
  • [Bug MC-69052] – Hang up when move out of 30,000,000
  • [Bug MC-69638] – Combined minecart explosions duplicating destroyed armor stands’ items and creating ghost items
https://mojang.com/2014/08/minecraft-1-8-pre-release-the-bountiful-update/

関連項目

Minecraft 1.8 Pre-release 「Bountiful Update」 minecraftologies – マインクラフト -
http://minecraft.ologies.net/2014/08/minecraft-1-8-pre-release/
Minecraft 1.8 Pre-release 2 minecraftologies – マインクラフト -
http://minecraft.ologies.net/2014/08/minecraft-1-8-pre-release-2/

マクロ MOD を使って暗視状態を一発で切り替える

最近やっているマクロ MOD の活用例みたいなのの続きで、今回は「暗視効果を付けるコマンド」をボタンに割り当てボタン一発で暗視状態と通常の状態を切り替えるというものです。まあ設定方法自体は至って標準的なマクロの設定なので省いてますが、発想としてこういう風にするとこんな感じになるよという説明と動作を動画にしてます。

https://www.youtube.com/watch?v=U2syYpaUJWw

今回の動画で使っているコマンドについては、以前コマンドの説明として別の記事で紹介してるので、そちらを参照して見てください。動画の中で使われているMODは関連項目の所で以前紹介したページへリンクしてあるので、そこから見てみてください。

関連項目

WorldEdit を Minecraft1.7.10 で使いたいけどBukkitとか分けがわからない人の為の文書
http://minecraft.ologies.net/2014/08/worldedit-mod/
WorldEdit のコマンドが覚えられない人の為の文書
http://minecraft.ologies.net/2014/07/worldedit-for-single-play/
WorldEdit の選択範囲を表示する 「WorldEditCUI」
http://minecraft.ologies.net/2014/07/worldedit-worldeditcui/
「Macro / Keybind MOD」
http://minecraft.ologies.net/2014/07/macro-keybind-mod/

Minecraft 1.8 Pre-release 2

”Minecraft 1.8 Pre-release 2 が利用可能になっり、次の問題が修正された:”との事。プレリリース2は基本的にバグ修正のようだ。

Minecraft 1.8 Pre-release 2

2014-08-22_11.11.17

Pre-release 1.8-pre2 is now available and fixes the following issues:

  • [Bug MC-46082] – Crashes when populating a chunk with empty (void) columns
  • [Bug MC-57926] – Thrown splash potions have the colour of water
  • [Bug MC-64521] – Inverted Daylight Sensor doesn’t drop anything when mined
  • [Bug MC-67626] – Item frames do not work outside 524289 x -524288 coordinates
  • [Bug MC-68718] – Placing Redstone dust on certain other objects destroy the object
  • [Bug MC-68726] – Skin is using wrong model
  • [Bug MC-68740] – Cannot Summon Fireball/WitherSkull With/Without Direction (Unable To Summon Object)
  • [Bug MC-68748] – Crash: Command “Summon SmallFireball” on Mobs!
https://mojang.com/2014/08/minecraft-1-8-pre-release-the-bountiful-update/

関連項目

Minecraft 1.8 Pre-release 「Bountiful Update」 minecraftologies – マインクラフト -
http://minecraft.ologies.net/2014/08/minecraft-1-8-pre-release/

/effect コマンドで暗視効果を付ける方法

クリエティブモードで建築しながら、画面が見にくいので暗視ポーションを使っている人は結構いると思うけど、暗視ポーションが定期的に切れてしまうので何度も何度もポーションを飲み続ける事になっていると思う。そういう人はポーションの変わりにコマンドでにすると、一度実行すれば継続して暗視効果が付いたままになる方法がある。

/effect コマンドの構文

effect <プレイヤー名> <効果> [秒数] [増幅度]
  • 効果:効果はIDの数字でいれる
  • 秒数:最大 1,000,000 秒。デフォルトでは30秒
  • 増幅度:最小0、最大255。デフォルトでは0
■暗視効果を付けるコマンド
/efect <プレイヤー名> 16 6000 255

効果時間を長めにしていれば一度実行すれば何度もポーションを飲む必要は無くなる。

■暗視効果を消すコマンド
/efect <プレイヤー名> 16 0 0

コマンド以外にも牛乳を飲むと効果が消える

勿論暗視以外の効果もコマンドで16とした番号の所を変えればエフェクトが付与される。

■全てのエフェクトを消すコマンド
effect  clear

暗視以外も全ての効果を一度に消したい場合はこのコマンドで消すことができる。

Minecraft 1.8 Pre-release 「Bountiful Update」

Minecraft 1.8 Pre-release – The Bountiful Update

Hello!

It’s time for us to pre-release the next major Minecraft update, the Bountiful Update! This will bring Minecraft to version 1.8, and should be officially be published in the launcher on Tuesday, September 2. This is the update that to date has taken the longest time to create (over 300 days), and is the result of many, many changes.

These changes consist of both new features, and large game structure changes such as replacing the hard-coded “block renderer” with a system that is able to read block shapes from data files, or performance enhancements such as multi-threading the client-side chunk rendering. We hope you will enjoy it!

Here’s a list of the major changes in the game:

  • Added Granite, Andesite, and Diorite stone blocks, with smooth versions
  • Added Slime Block
  • Added Iron Trapdoor
  • Added Prismarine and Sea Lantern blocks
  • Added the Ocean Monument
  • Added Red Sandstone
  • Added Banners
  • Added Armor Stands
  • Added Coarse Dirt (dirt where grass won’t grow)
  • Added Guardian mobs, with item drops
  • Added Endermite mob
  • Added Rabbits, with item drops
  • Added Mutton and Cooked Mutton
  • Villagers will harvest crops and plant new ones
  • Mossy Cobblestone and Mossy Stone Bricks are now craftable
  • Chiseled Stone Bricks are now craftable
  • Doors and fences now come in all wood type variants
  • Sponge block has regained its water-absorbing ability and becomes wet
  • Added a spectator game mode (game mode 3)
  • Added one new achievement
  • Added “Customized” world type
  • Added hidden “Debug Mode” world type
  • Worlds can now have a world barrier
  • Added @e target selector for Command Blocks
  • Added /blockdata command
  • Added /clone command
  • Added /execute command
  • Added /fill command
  • Added /particle command
  • Added /testforblocks command
  • Added /title command
  • Added /trigger command
  • Added /worldborder command
  • Added /stats command
  • Containers can be locked in custom maps by using the “Lock” data tag
  • Added logAdminCommands, showDeathMessages, reducedDebugInfo, sendCommandFeedback, and randomTickSpeed game rules
  • Added three new statistics
  • Player skins can now have double layers across the whole model, and left/right arms/legs can be edited independently
  • Added a new player model with smaller arms, and a new player skin called Alex?
  • Added options for configuring what pieces of the skin that are visible
  • Blocks can now have custom visual variations in the resource packs
  • Minecraft Realms now has an activity chart, so you can see who has been online
  • Minecraft Realms now lets you upload your maps
  • Difficulty setting is saved per world, and can be locked if wanted
  • Enchanting has been redone, now costs lapis lazuli in addition to enchantment levels
  • Villager trading has been rebalanced
  • Anvil repairing has been rebalanced
  • Considerable faster client-side performance
  • Max render distance has been increased to 32 chunks (512 blocks)
  • Adventure mode now prevents you from destroying blocks, unless your items have the CanDestroy data tag
  • Resource packs can now also define the shape of blocks and items, and not just their textures
  • Scoreboards have been given a lot of new features
  • Tweaked the F3 debug screen
  • Block ID numbers (such as 1 for stone), are being replaced by ID names (such as minecraft:stone)
  • Server list has been improved
  • A few minor changes to village and temple generation
  • Mob heads for players now show both skin layers
  • Buttons can now be placed on the ceiling
  • Lots and lots of other changes
  • LOTS AND LOTS of other changes
  • Removed Herobrine
https://mojang.com/2014/08/minecraft-1-8-pre-release-the-bountiful-update/

適当な訳

こんにちは!

プレリリースの時間だよ。次のマインクラフトのメジャーアップデートの為のプレリリースで、大量のアップデートを含んでいる!これは Minecrfat バージョン 1.8 に向けたもので、9月の2日火曜日に公式に発表されるだろう。このアップデートは作成に今までで一番長い時間がかかった(300日以上)、沢山の沢山の変更の結果でもある。

これらの変更は、新しい項目と、データファイルからブロックの形を読むことが出来るシステムでハードコーディングされた「ブロックの描画」のような大きなゲーム構造の変更や、クライアントサイドでのチャンクの描画をマルチスレッドにするようなパフォーマンスの強化、この両方を含んでいる。みんながそれを楽しんでくれる事を期待してるよ!

ここにゲームの主要な変更点のリストを置いておく:

  • 花崗岩(granite), 安山岩(Andesite), 閃緑岩(Diorite)のストーンブロックと、それの滑らか(磨いた?スムーズな)バージョンを追加
  • スライムブロック(Slime Block)の追加
  • 鉄のトラップドア(Iron Trapdoor)の追加
  • プリズマン?(Prismarine)と海のランタン(Sea Lantern)ブロックの追加
  • オーシャンモニュメント(the Ocean Monument)の追加
  • 赤色砂岩/レッドサンドストーン(Red Sandstone)の追加
  • 旗(Banner)の追加
  • 鎧立て/アーマースタンド(Armor Stands)の追加
  • 粗い土(Coarse Dirt) の追加。この土では草が育たない
  • アイテムをドロップするガーディアンMOBの追加
  • エンダーダニ?/エンダーマイト(Endermite)MOB の追加
  • アイテムをドロップする(Rabbit)の追加
  • 羊肉/マトン(Mutton)そして、調理した羊肉の追加
  • 村人(Villager)が穀物を収穫し、新しく植えるようになる
  • 苔の生えた丸石(Mossy Cobblestone)と苔のはえた石ブロック(Mossy Stone Brick)が新しくクラフトできるようになった
  • 加工された石ブロック(Chiseled Stone Brick) もクラフトできるように
  • 扉/ドア(Door)と柵/フェンス(fence)が全ての木のタイプに応じて作られるようになった
  • スポンジ(Sponge block) が水を吸収する能力を再び取り戻し、湿った状態になるようになった
  • スペクテーターモード(game mode 3)の追加
  • 新しい実績の追加
  • ワールドタイプ「カスタマイズ(Customized)」の追加
  • 隠されたワールドタイプ「デバグモード(Debug Mode)」の追加
  • ワールドにワールドバリアー(world barrier)をつけることが出来るようになった
  • コマンドブロックで使うターゲットセレクター @e の追加
  • /blockdata コマンドの追加
  • /clone コマンドの追加
  • /execute コマンドの追加
  • /fill コマンドの追加
  • /particle コマンドの追加
  • /testforblocks コマンドの追加
  • /title コマンドの追加
  • /trigger コマンドの追加
  • /worldborder コマンドの追加
  • /stats コマンドの追加
  • カスタムマップで「鍵(Lock)」データタグを使う事でコンテナに鍵をかける事が出来るようになった。
  • logAdminCommands, showDeathMessages, reducedDebugInfo, sendCommandFeedback, そして randomTickSpeed のゲームルールを追加
  • 3つの新しい統計(statistics)の追加
  • プレイヤースキンはモデル全体に渡って2つのレイヤーを持つ事が出来るようになった。そして、左右、手足が独立して編集できるようになった
  • 細い腕を持った新しいプレイヤーモデルの追加、新しいプレイヤースキンはアレックス(Alex)と呼ばれてる。
    *勝手な注釈:以前のスキンはスティーブ(Steve)と呼ばれていた
  • スキンのどの部分を可視化するかの設定するオプションの追加
  • ブロックはリソースパックで、カスタムした見た目のバリエーションを持てるようになった
  • Minecraft Realms にアクティビティチャートを着けたので、誰がオンラインなのか見ることが出来るようになった
  • Minecraft Realms マップをアップロードできるようになった
  • 難易度設定がワールド毎にセーブされるようになった。もし望むなら難易度設定をロックする事ができるようになった。
  • エンチャントにレベルに加えてラピスラズリが必要になった。
  • 村人とのトレードがバランス調整された
  • 金床(Anvil)の修理がバランス調整された
  • クライアントサイドのパフォーマンスがより速くなった
  • 最大描画距離が32チャンク(512ブロック)に増えた
  • アドベンチャーモードでは「CanDestroy」データタグのアイテムを持っていない限り、ブロックの破壊を起こらなくした
  • リソースパックは、テクスチャーだけではなく、アイテムやブロックの形状も定義する事ができるようになった。
  • スコアボード(Scoreboard)は沢山の新しい項目が追加された
  • F3 のデバッグスクリーンの微調整
  • ブロック ID 番号(Stone が 1 というような)は ID 名(minecraft:stone のような)に置き換えられた
    コマンドなどで使う番号も名前に変更されそう
  • サーバーリストの改良
  • 村と寺院の生成に関する2つ3つのマイナーチェンジ
  • プレイヤー向けの Mob ヘッド が両方のスキンレイヤーで表示されるように
    確か床にも設置できたはず
  • ボタンが天井に設置する事ができるようになった
  • 沢山の、その他の変更s
  • 沢山の、そして沢山のその他の変更
  • Herobrine の削除
    Herobrine は定期的に削除されている気がする。アップデートの記録では Minecraft Beta 1.6.6 では既にこの記述がある

プレリリースはランチャーの開発バージョンをアクティブにすると利用する事ができる。

Minecraft と Minecraft Realms チームより心をこめて

追記。もしデフォルトのスティーブのスキンが必要ならば(何で必要かはわからないけど)、ここからダウンロードする事が出来る: steve.png

Cross-platform server jar: https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.8-pre1/minecraft_server.1.8-pre1.jar

バグレポートはここ:

■参考

The Bountiful Update – Minecraft Wiki
http://minecraft.gamepedia.com/The_Bountiful_Update
Minecraft 1.8 Pre-release – The Bountiful Update : Minecraft
http://www.reddit.com/r/Minecraft/comments/2e9jcb/minecraft_18_prerelease_the_bountiful_update/

PS4版「Minecraft」がソニーの最終QAテストを通過できず問題を修正しているらしい

PS4版『Minecraft』がソニーの最終QAテストを通過しなかったというニュース。

4J Studios ‏@4JStudios

Sony found some issues we have to fix in their final test of #MinecraftPS4 :( We’re fixing, but we need to go through the process again.

https://twitter.com/4JStudios/statuses/502132517114503170

4J Studiosは、現在移植が行われているPS4版『Minecraft』がソニーの最終QAテストを通過しなかったことを明らかにしました。

これは同社のツイートから判明したことで「ソニーはPS4版『Minecraft』の最終テストで修正するべきいくつかの問題を発見した」と述べました。現在この問題の修正に当たっており、再びこのプロセスを実行する必要があるとも続けています。
http://www.gamespark.jp/article/2014/08/21/50989.html

MINECON 2015

MINECON 2015

Hey everyone!

I’ve been getting a lot of questions about MINECON lately, because before this time last year everyone knew the date and location and ticket info for MINECON 2013. While we don’t have a set date for the next MINECON just yet, I wanted to let everyone know that it won’t be until some time in 2015. I’m shooting to have it in the spring in London!

While we’d love to do MINECON every year and it’s the only event we do as a company, we want to make sure we can give it the attention it needs, and that means that springtime next year will work best!

As soon as I have confirmed information it’ll be out there. We always announce as soon as we confirm with the venue and have a signed contract, but never before, because we want to make sure we can follow through with the event and we never want people to start planning to attend something that might not happen. So watch out for information in the coming months!

https://mojang.com/2014/08/minecon-2015/

適当な訳

みんな、こんにちは!

最近 MINECON についての沢山の質問をもらっていたんだ。まあ、去年のこの時期には MINECON 2013 の場所や日付、チケット情報をみんなが知っていたからね。次の MINECON の日付についてはまだ決めてないとはいえ、2015 年までにみんなにお知らせをしたいと思っている。 春にロンドンでやる事を目標にしているよ!

私たちは MINECON を毎年するの事を愛してとはいえ、それはイベントで会社として私たちがやる。私たちはそれが注目され、ニーズがあるようにしたい、ということは来年の春頃にやるのが一番いい!

情報を確認できたらすぐにお知らせするつもり。私たちはいつも予定地が決まったり契約にサインしたらすぐにお知らせしているけど、今までに無く、私たちは最後までイベントをやり通したいし、出席するような何かをみんなが計画する事は望んでいない。だから来月のお知らせに注目してて!

もしマインクラフトが女の子によって作られていたら

もしマインクラフトが女の子よって作られていたらというネタ動画が異常な再生回数を記録していたので紹介してみる。基本的にはネタなので日本人としては何だかよく意味が分からない部分もある。

If Minecraft was Made for Girls

https://www.youtube.com/watch?v=mU_IJoOSunE

  • Minecraft ologies

  • Recent entries